七福神巡り

榛名神社の名物として七福神像があり、参道の至る場所にてお出迎えしてくれます。ここではそんな七福神様達をご紹介しています。

毘沙門天

毘沙門天

まずは榛名神社入口付近で”毘沙門天”が出迎えてくれます。少しわかりづらい位置にいますが、随神門の右側あたりにいらっしゃいます。

寿老人

寿老人

つづきましては”寿老人”です。長寿の神として崇められ、後に登場する”福禄寿”と同一神といわれています。左手には長寿のシンボルでもある不老長寿の”桃”を持っています。

布袋

布袋

この”布袋”様は千本杉の先にいらっしゃいます。恰幅のいいルックスでいちばん愛着がわく神様でもあります。この像ではトレードマークである布袋(ぬのぶくろ)は持っていないようですね。

福禄寿

福禄寿

先ほどの寿老人と同じ神といわれている”福禄寿”で、この神様も長寿の神として知られています。水神楽の隣に立っており、参拝客を見守っていらっしゃいます。

恵比寿

恵比寿

福の神の代表格として有名な”恵比寿”様です。左手に携えた鯛から漁業の神として知られていますが、商売繁盛などの神様としても崇められています。

弁才天

弁才天

七福神の中の紅一点でもある”弁才天”は東面堂の前にいらっしゃいます。弁才天は日本各地のさまざまな神社で祀られています。ちなみに榛名神社での石版では「辨才天」となっています。

大黒天

大黒天

七福神像の最後を飾るのはこの”大黒天”様で、双龍門へと続く石階段の下にいらっしゃいます。食の神様として崇められており、右手には打ち出の小槌を持っています。


スポンサードリンク



サイトMENU

Copyright (C) 2007 榛名神社を訪ねて、奇岩と巨木のある風景. All Rights Reserved.